完全オーダーメイドメガネ・アイメトリクス EYEMETRICS

 

アイメトリクスのメガネは世界でただ一つ、顔の3D計測によるフルオーダー眼鏡です。

元北海道日本ハムファイターズの監督・「侍ジャパン」監督・栗山 英樹氏が愛用しているのがアイメトリクスです。(画像はアイメトリクス・コリントを掛けている栗山監督)

軽い・ずれにくい・動きに強いアイメトリクスは一人一人のお顔に合わせた完全オーダーメイドで、メガネ一式平均約17g(10.8g~24.4g)と超軽量(当店100人の平均)。激しい動きにもしっかりフィットします。

《掛け心地への配慮》

眼や耳の位置・鼻の高さなど、メガネを掛ける上での重要なパーツも、人それぞれに千差万別です。

アイメトリクスは、専用の3D計測機アイメーター「EM-1000」で、お顔を三次元的に計測し、その計測結果から一つ一つパーツを作り、組み立てる完全オーダーメイド眼鏡です。だから、軽く、ずれにくいのです。

メガネを手で押し上げたり、ツルの部分を持って上げたりの動作は、アイメトリクスのメガネでは必要ありません。

《光学的信頼》

アイメーター3D計測機「EM-1000」は両眼の位置、間隔、鼻の高さ、角度、頬の高さ、眼と耳の位置関係、レンズと眼の関係、耳までの長さなどを瞬時に測定します。

測定した情報をもとに、パーツを作り、組み立てて、快適なメガネをお作りいたします。メガネがずれて見にくくなることもなくなります。

《部品選びにもこだわりが》

一般的に縁なしメガネは、ネジをレンズに通して固定するのに金属製のものを使っています。

メガネを掛けていて柱にぶつかる。転ぶ。

衝撃が加わった時には、レンズが割れてしまうことが多いのです。

アイメトリクスはレンズを固定するのに、樹脂素材の部品(リベット)で固定します。

そうすることで衝撃が加わった時、樹脂素材の部品が壊れることで、レンズに大きな負荷を掛けずにすみます。

壊れた部品を交換することで、また元の状態で快適にお使いいただけます。

《あなただけの眼鏡》

様々なデザインや色を選択できるアイメトリクス

多くの、フレームカラーやレンズのデザインの中から選ぶことによって、あなただけの眼鏡が出来上がります。メガネの大きさは、お顔に合わせて、1mm単位で大きくも小さくも出来ます。
世界に一つだけのメガネのできあがりです。

《クリップオン・サングラス》

取り外しが可能なアイメトリクスのクリップオン・サングラス

アイメトリクス専用跳ね上げ式クリップオン・サングラス「フリップグラス」

 

「フリップグラス」はアイメトリクスのレンズ形状に合わせて作製するオーダーメイドのサングラス。 本体へは4本の金属アームでしっかり固定され、動いてもずれにくい構造に仕上がっています。

透明のレンズとサングラスを、指一本で変えられるのが跳ね上げ式のメリットです。 例えば晴天のドライブ中、トンネルに差し掛かったらサングラスを跳ね上げて透明レンズにチェンジ。 このような切り替えを瞬時に行うことができます。

《ストレートテンプル【EJST(イージェスト)】》

掛け外しのしやすいアイメトリクスが完成

ALG(アルゴ), CORINTH(コリント)モデルに使えます。

グロスタイプとコンベックスタイプそれぞれダークブルー、バーガンディー、シルバーブルー3色あります。

アイメトリクス・ブランドの紹介



エクス
流行に左右されない「エクス」


シム

アイメトリクス初のチタン製フルオーダーメガネされた「シム」


コリント

新時代の美しさ「コリント」


エムリム

デザイン性と機能性が融合された「エムリム」


エムリムグロウ

ハーフリムタイプ、「エムリムグロウ」


スパルタン

直線とエッジのきいたデザイン、「スパルタン」


アルゴ

アルミニウムの曲線が美しい「アルゴ」


マージ

アイメトリクスが作った快適度付サングラス「マージ」

へルメットをかぶる時のメガネのかけ方です。

アイメトリクスのメガネを愛用しているライダー上田昇さんが紹介しています。

上の画像をクリックしてください。YouTubeへ移ります。

実際に掛けやすいかどうか、お使いのヘルメットをご持参ください。

メーカーサイトへのリンク

アイメトリクスのメーカーサイトは「こちら(https://www.eyemetrics.co.jp/)」です。