Blog

侍ジャパン・栗山英樹監督・の愛用メガネ。

栗山 英樹監督(北海道日本ハムファイターズ)が愛用しているのがアイメトリクスです。

栗山監督・アイメトリクス シム

軽い・ずれにくい・動きに強いアイメトリクスは一人一人のお顔に合わせた完全オーダーメイドで、メガネ一式平均約17g(10.8g~24.4g)と超軽量(当店100人の平均)。

アイメトリクスをお買い上げいただいたお客様のお声です。

【メガネをかけてスポーツ(ソフトボールのキャッチャー)をするのが怖かったのと、

いつも掛けているメガネではキャッチャーのヘルメットが装着できないので無理だとあきらめていました。

インターネットで古田選手のメガネを調べた結果、アイメトリクスを知り、取り扱い店で 栄光さんを知りました。

栄光さんのアイメトリクスを知って、即 購入しました。

プロとアマチュアとは違いますが、同じキャッチャーである古田選手が掛けているのが決め手です。

正直 メガネをかけて キャッチャーミットを装着し、実際使用するまでは不安でしたが、

もちろん見やすいのは当たり前ですが、全く違和感もなく、

キャッチャーマスクもスムーズに取ることができて、

メガネのズレもないので すごく満足しています。】

2016年に日本一に導いた栗山監督(日本ハム)ですが、2009年に渋谷で、栗山さんのお話を聞く機会がありました。

《2009年9月24日の栗山さん》

2009年9月24日栗山さん初代のアイメトリクス

『今、メガネを掛けたリトルリーグのかわいい捕手が増えています。

ずれない、軽い、すっきり見えることがメガネの必要条件。

両方の眼でしっかりと見えるように。

お子様のめがね選びは、大切です。』

アイメトリクスのメガネは世界でただ一つ、顔の3D計測によるフルオーダー眼鏡です。

眼や耳の位置・鼻の高さなど、メガネを掛ける上での重要なパーツも、人それぞれに千差万別です。

アイメトリクスは、専用の3D計測機アイメーター「EM-1000」で、お顔を三次元的に計測し、その計測結果から一つ一つパーツを作り、組み立てる完全オーダーメイド眼鏡です。だから、軽く、ずれにくいのです。

メガネを手で押し上げたり、ツルの部分を持って上げたりの動作は、アイメトリクスのメガネでは必要ありません。

アイメーター3D計測機「EM-1000」は両眼の位置、間隔、鼻の高さ、角度、頬の高さ、眼と耳の位置関係、レンズと眼の関係、耳までの長さなどを瞬時に測定します。

アイメトリクスのページへ↓