Blog

深視力検査(奥行知覚検査)合格メガネ

深視力検査って 何が どんな能力を試されているか?

両方の眼で動いているものを しっかりと立体としてとらえる力を試されているのです。

では 対策は?

【毎日、見やすく、疲れないメガネを使い続けること。】が一番です。

右眼と左眼の見え方が同じようでなかったり、

視力表では一瞬良く見えるが、疲れるメガネだったりすると具合が悪いのです。

検査の時だけ見えればいい。というメガネでは、深視力検査に必要な力が付きません。

毎日使ってこそ、メガネです。

では どんなメガネを選べば良いか。

見やすく、痛くならず、ピッタリフィットのメガネです。

顔を動かすたびに、メガネがずれて動くようでは、良い視力が保てません。

アイメトリクスのメガネは、お顔を3D計測機で測り、痛くない、

ピッタリフィットのメガネが出来るので、最適です。

後は本物の機械で練習すること。

メガネサロン栄光は、あなたの合格応援します。

詳しくは、深視力検査のページへ⇒クリック

*三桿法(さんかんほう)* 深視力検査 *奥行知覚検査とも。

奥行知覚検査器で、深視力を計測するためにつかわれる検査手法の一つ。

検査機の中をのぞくと、横に並んだ3本の棒が見えます。

両端の2本が固定され、中央の1本が一定速度で前後に移動しており、中央の棒が左右の棒と並んだと感じたタイミングでボタンを押します。

この際の誤差が3回行って60mm以内が合格です。