Blog

深視力検査(奥行知覚検査)の練習は、運転免許試験場と同じ機械で出来ます。

 

大型自動車免許や二種免許の取得や更新時に、普通の視力検査以外に深視力検査があります。

警視庁のホームページより

適性試験の視力の合格基準

視力の合格基準

大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)、準中型第一種免許(限定なし)、けん引免許、第二種免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許

両眼で0.8以上で、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内です。

この深視力検査は、三棹試験というもので、3本の棒のうち両端の2本は固定され、真ん中の1本だけが前後に移動し,3本並んだ時にボタンを押して止めます。そのズレが3回で60mm以内が合格です。

受かりにくい理由はいろいろあるようですが、この試験の要領に慣れていないと難しいようです。

またメガネの度数が少し曖昧なままで使っておられると苦手なようです。

運転免許試験場のあの大きな機械と同じ機械がありますので、気軽に練習にお越しください。

練習 30分500円

深視力検査のページへ⇒