Blog

レンズ豆と白内障眼内レンズ

画像はLENTIL(レンズ豆)と、白内障手術で眼の中に入れてもらうレンズと、五円玉です。

眼内レンズといいますが、このレンズが無い頃は、白内障手術の後、とてもぶ厚いレンズのメガネを掛けなければ、生活できませんでした。

【レンズの由来】『HOYA経営大学発行  This is the JIS.』からです。

レンズは、もともと、ヨーロッパの家庭でふつうに食べられている豆の名前でした。

当時、イタリアの人々は、このレンズ豆のかたちをしたガラスを❝ガラスのレンズ❞といっていたのです。

それがいつのまにか、レンズという言葉だけになって、広く世界の人々にも使われるようになったのです。

 

*参考文献 【This is the JIS.】発行 HOYA経営大学 企画・編集 HOYA株式会社 眼鏡事業部 教育センター