戸外での活動が多い方

こちらのページでは、こんな方におすすめのメガネと対策をご紹介しています。

  1. ゴルフ場で芝生の凹凸が分かりにくい。
  2. ゴルフボールが景色に紛れずしっかり目で追いたい。
  3. 釣りで水面がぎらついていても、水面下の魚をより鮮明に捉えたい。
  4. 針に餌をつける作業を手際よくしたい。
  5. 自転車で山間部を走る時、岩や木の根等のコース上の障害物をいち早く認識したい。

スポーツタイプのサングラスにも近視、乱視、遠視などの度つきができます。

目が疲れる原因

メガネをかけても見えにくいとすれば、原因はいくつか考えられます。

  • ぐらつきが多く、ずれるメガネをかけている。
  • メガネレンズの設計が目的に合っていない。
  • メガネの度数が合っていない。
  • メガネフレームの種類とレンズサイズが目的に合っていない。
  • メガネレンズの色の種類、濃度があっていない。

原因別のメガネの対策

ぐらつきが多く、ずれるメガネをかけている方へ。

スポーツタイプのサングラス枠は、カーブがいろいろありますので、実際に掛けてみてご自身のお顔に合ったカーブをお選びください。

メガネレンズの設計が目的に合っていない方へ。

スポーツタイプのサングラスにも近視、乱視、遠視・遠近両用レンズなどの度つきができます。

メガネの度数が合っていない方へ。

メガネレンズの度数が目的に合っているか、チェックしましょう。

メガネフレームの種類とレンズサイズが目的に合っていない方へ。

先にメガネフレーム選びをしてしまった方に起こりやすい現象です。レンズの設計、種類、瞳の位置関係が決まってからフレームをもう一度選びなおしてみましょう。

メガネレンズの色の種類、濃度があっていない方へ。

長時間サングラスをかけていても目を疲れさせない色の濃度、カットする光の種類、紫外線により色が変化するレンズなど、サンプルが揃っていますので、実際に掛けてみてお選びください。見にくい色味をより鮮明に調整する事が出来るレンズを選びましょう。

おすすめのメガネの種類

まぶしい戸外での仕事が多い方。

しっかりと眼を大きくカバーしてくれるタイプ、スポーツタイプのサングラスがお勧めです。

外でも使いたい。室内でも掛け変えずにそのままに。

跳ね上げサングラスがセットになったもの。紫外線により色が変わるレンズのメガネ。

おすすめのブランド


アイメトリクス EMRIM

スポーツタイプのサングラス

「オークリー」「アルゴシックス」

外でも使いたい。室内でも掛け変えずにそのままに。

跳ね上げサングラスがセットになったもの。おすすめは「アイメトリクス エムリム」

紫外線により色が変わるレンズのメガネ

「オークリー調光」「HOYAサンテック」サンプルレンズがありますので、実際に見てお選びください。