軽い、ずれない、顔の形に合うメガネ

こちらのページでは、こんな方におすすめのメガネと対策をご紹介しています。

  1. メガネが重い、メガネがずれる
  2. 耳が痛い、鼻が痛い
  3. 楽なメガネが欲しい
  4. 顔が大きい/小さいのでメガネが合わない

メガネが重く感じないように

メガネが重くなる原因は大きく分けて、レンズの重さとフレームの重さに分けられます。

メガネが重くなる原因① 「レンズの重さ」

まずレンズの重みですが、一般店舗では、店舗に在庫が置いてあるレンズをフレームに合わせて削ることによって、メガネを作ります。しかし、プラスレンズの場合、それではもともと分厚い、丸型の汎用レンズを削り、厚みのある中央部分だけを使うため、ムダな重量がかさんでしまうのです。

これを、はじめから目的の種類・度数に合わせたレンズとして製造することによって、薄く軽いレンズをつくることが可能です。栄光ではフレームの型、サイズ、眼の位置の情報をインターネット回線で、直接レンズメーカーにデータを送り、個別にレンズを製作していますので、薄く、軽く使いやすいメガネが出来るのです。

メガネが重くなる原因② 「フレームの重さ」

フレームについては、軽い素材でレンズをホールドするのに十分な強度のあるものが第一条件ですが、眼鏡枠という小さな道具は、それぞれの部分のしなやかさ、硬さ、バネ性、柔軟性などのバランスが取れたものが掛けやすいメガネとなります。

おすすめのメガネの種類・ブランド


リンドバーグ Spirit

極細のチタンワイヤーを巧みに使い、究極のシンプルメガネを作りだしたリンドバーグ。眼鏡としてとてもバランスの良いフレームです。テンプル(つる)の部分の種類、長さを選ぶことができ、お顔に合った眼鏡が作れます。


ポラリス Ruban

テンプル( 耳にかける部分) や、ブリッジ( レンズとレンズを繋ぐ部分)、レンズの型や大きさなど、お顔に合わせて選べます。


アイメトリクス Corinth

お顔を三次元スキャンした精緻なデータを基に、最適なフィッティングでメガネをお作りするアイメトリクス。