メガネのかけ外しが面倒な方

こちらのページでは、こんな方におすすめのメガネと対策をご紹介しています。

  1. メガネを使い分けるのが面倒、近くを見る時に外すのが面倒。
  2. 人と出会ったとき、名刺を出されてメガネをはずさなければ読めない。
  3. 老眼鏡で書類を見ているとき、遠くを見ようとすると、メガネの上からのぞかないと見えない。
  4. 老眼鏡をはずした後、どこへ置いたかわからなくなる。

かけ外しが多くなる原因

遠くが見える単焦点レンズで、手元を見る時外したくなるのは、40歳を過ぎると誰にでも起こる現象です。
また40歳を過ぎると、今までメガネを掛けずに過ごして居られた方も、老眼鏡が必要になってきます。単焦点の老眼鏡では、遠くがぼやけて見えないので、メガネをはずしたくなり、どこへ置いたか忘れてしまうものです。

遠近両用メガネまたはサポートメガネを

これを解決するには、遠近両用メガネまたはサポートメガネを使いこなすことです。
40歳前後で老眼鏡は認めたくない、といった方には、サポートレンズメガネがお勧めです。これは20歳前後の受験生にピッタリのレンズで、長時間の勉強も黒板の文字もはっきり見たい方用のメガネレンズです。
45歳を過ぎたら遠近両用累進メガネレンズがお勧めです。老眼度数がゆるい時から徐々に慣れていくと、後々の生活が快適になります。

おすすめのブランド


アイメトリクス Spartan

サポートメガネレンズは「HOYA」「NIKON」「SEIKO」「東海光学」からいろいろなタイプがでています。ご自身に合ったものを選びましょう。
遠近両用累進メガネレンズは各メーカーとても多くの種類が出ています。
遠くを見ることが多い方、近くの書類を長時間見ることが多い方、ゴルフに使いたい、魚釣りに使いたい、ショッピングの時に値札をはっきり見たい、おいしいご馳走が楽しめるようになど、いろいろなタイプが選べます。「アイメトリクス Spartan」等がおすすめです。
それぞれテストレンズをそろえていますので、じっくり比べて選びましょう。