Blog

アイメトリクス誕生ストーリーNo.1

【究極のメガネ】アイメトリクス誕生のきっかけについてのエピソードです。

アイメトリクスを開発した方の話。

『あるコンサートで一人の紳士と出会いました。
彼はまさに“紳士”と言うべき身なりをしており、スーツや靴はオーダーメイド、
ズボンの折り目もしっかりと入り、背筋がスッと伸びた凛とした姿が印象的でした。
しかし、ひとつだけ気になったのは、耳に絆創膏を貼っていたことです。
どうしても気になり、休憩時間に聞きました。
「その絆創膏、どうしたのですか?」
すると彼は「メガネがズレてしまい、いろいろな方法を試したのですがダメで…。

これを貼るしかないんです」と答えてくれました。
なんてことはない会話です。

しかし、心にはずっとモヤモヤしたものがありました。
好印象で佇まいの整った紳士と耳に貼られた絆創膏のギャップ。
あらゆる箇所に気を遣える彼が、メガネのズレだけはどうしようもならなかった事実。
そうした違和感が、アイメトリクスを開発するきっかけになったのです。』