Blog

掛け心地の良いメガネ・アイメトリクスのこだわり

こんにちは! 京都 長岡京市 SSS級認定眼鏡士:廣瀬 薫です。

掛け心地の良いメガネの精度

【究極のメガネ】アイメトリクスは
日本工業規格(眼鏡枠)で要求される寸法精度の10倍の精度である公差5/100mmで作られています。

それはもはや精密機器メーカーのレベル。
特にレンズの厚みが気にならないように設計されたモデル【スパルタン】は、

ブリッジ26面体、ヒンジ30面体で、フラットなレンズとの一体化を目指したのです。

フレームがレンズ側にかける負荷を低減するために

ブリッジに小さな隙間、削り込みが入ってます。

アイメトリクスの眼鏡は、こうした僅かな差を工夫してあるので、

非常に掛け心地の良いメガネが出来上がるのです。
近視・遠視・乱視・プリズム・遠近両用・読書用・パソコン用などレンズ選びも楽しくなります。

アイメトリクスのページへ⇒クリック